医者との結婚のメリットとデメリット

現役の医者が語る、医者との結婚でのメリットとデメリットをご紹介します。【メリット】「社会的なステータス」医者と結婚すると聞けば家族や親戚はきっと喜ぶでしょうし、友人や知人は羨ましいと言ってくれるでしょう。ただ気をつけたいことは医者である方のステータスであって、医者と結婚したからと言って自分が偉くなったような態度を取らないようにしたいということです。「高収入」医者よりも高収入な職業もあるのですが資格や免許を持っているということが大きな財産になります。医者は身分がはっきりとしていますから信頼も置けますし定年退職がなく、長く働けるという点も良いのです。「病気の時の対処」子供や家族が怪我をしたり病気になってしまった時、家族に医者がいてくれたら安心しますよね。その場で対応できるという点も良いことです。医者じゃなければどう対処すれば良いのかわからずオロオロすることしかできません。【デメリット】「忙しい・家に帰れない」医者の多くが話すことなのですが、大きな病院ともなると家に帰れないほど忙しいことが多いようです。家族と過ごす時間もなくなってしまいます。子供は寂しい思いをすることになるでしょうし、長期の休みを取って旅行にという夢はなくなってしまうかもしれません。


医師と結婚したいと思っている女性は、数多くいるようですが、医師であれば誰もが高給取りと言うわけではありません。しかも、次から次へと新しい治療法や新薬がでてくるので、医師を続ける限り、医療についての勉強が続くのです。単純に玉の輿だと思って安易に医師と結婚したいと思っていても、玉の輿を狙っている人ほど玉の輿に乗れないという皮肉な事実もあるので、医師の妻にふさわしい女性になることを目指しましょう。まず、数々の病人と接している医師は、顔色などで健康状態をみる癖があります。不健康な女性は好かれないので、肌荒れや髪のツヤなども気をつけるようにしたほうがいいでしょう。また、特に開業医の息子などの場合、医者一家で、自分の子供も医師にしたい人が多いので、真面目、清楚、頭脳明晰、家庭的を目指すことが必要です。医師との合コンや飲み会に積極的に参加することはもちろんですが、それ以外にも、出会いを探す場として、医療従事者になるのも1つの方法です。医療関係者とお付き合いしている医師が非常に多い為、医者と毎日接する仕事を選ぶと、職場結婚という形で自然なお付き合いに発展することがあるからです。また、医師は、深夜に担当している患者の容体が急変したりするので、深夜の呼び出しもよくあります。わがままを言わず、究極に都合のイイ女になることが必要です。


医者と結婚する看護師は、中にはいるかもしれません。それは、医者と看護師は同じ職場で働く機会があります。そして、仲良く仕事をしていく中で恋愛へと発展していくことがあります。また、医者から見た看護師は、かわいいと思う事があると思います。病棟に勤めている看護師はほとんどの方が女性になります。看護師の離職や就職のサイクルが早くなる事があります。そのため、若い看護師の方が多いかと思います。医師と看護師は、先程も言いましたが同じ職場で働く機会が多くなります。また、患者さんの状態を把握するのにお互いにコミュニケーションを取りながら仕事を行います。そうしていくうちに世間話などを行う事が出来ます。また、歓迎会や同僚と言う枠組みを超えた付き合いを行います。そうなりますと、毎日看護師と合コンを行っているようなものになるかと思います。そこに恋愛感情が芽生える事で結婚となる事が多いと思います。このように看護師と医者は、お互いに仕事を行うには重要な役割を担っています。そのため、お互いに連携を行う必要があります。また、医者の視点から看護師と恋愛が生まれる事は自然になるかと思います。看護師と医者は、このように深い付き合いとなる事が多いかと思います。