医者と結婚するには

高年収の職業として、まず第一に挙げられるのが、医師か弁護士ではないでしょうか。一般的に医者と結婚したい女性は、医師が、年収が高く金銭的に余裕があって、社会的地位が高いため、女性は専業主婦になれると思っている人が多いようです。たしかに、好景気でも不景気でも、病気にかかる人の数は変わらないので、景気や経済環境に左右されにくいではありますが、医者との結婚するのはハードルが高いのが実情です。医師と結婚するために看護師を目指して職場結婚を望んだとしても、実際に看護師と結婚する医師はほとんどいません。看護師と結婚するよりも、医師同士で結婚する場合の方が圧倒的に確率は高いのです。しかも、独身の医師は日本全国の独身男性の1%のみですので、お見合いで出会うか、友人の紹介などで出会うか、女性も医師になって、職場結婚を考えるくらいしか方法はないかもしれません。医師はお金持ちというイメージがありますが、それは、患者の多い開業医の場合の話であって、勤務医は、とびぬけて給与が高いというわけではありません。それよりも、激務である医師を支える妻として生活する方が大変なのではないでしょうか。医者一家に嫁いだ場合、自分の子供も医者にしなければならないので、教育面でも費用がかかり、気疲れもすることを覚悟しておいた方がいいでしょう。